郵政民営化を監視する市民ネットワークBlog

Thursday, July 13, 2006

民営会社人事はリコール隠しのオンパレード

7月11日、迷走する郵便貯金会社の社長人事をふくむ民営化4会社の経営トップ人事が発表されました。

郵便貯金銀行には三菱商事常任顧問の古川洽次氏が内定。この古川氏、2004年6月にリコール隠しなどで経営の傾いた三菱自動車の副会長に就任、しかし2005年1月28日、新しい再建計画の発表と同時に経営不振の責任をとって辞任しています。

リコール隠しは古川氏の責任ではないが、副会長に就任後、こんな↓トンデモな発言をしています。

三菱自動車のトップは反省していない?(浮雲日記より)

三菱自動車のリコール隠しほど、人命や信用をないがしろにした業界事件もありません。まだみんな忘れていませんよ。三菱自動車のリコール隠しとその後の対応では、組織ぐるみのもたれ合いも問題にされました。この古川氏、業績回復ができずに責任をとって2005年1月に辞任していますが、その後、三菱自動車の顧問として復活しています。反省の色なしです。

こんな経営者にわれわれの貯金を任せてもいいのか、大いに疑問です。

また、郵便物の配達や集荷を扱うことになる郵便事業会社のトップにはイタリア・トヨタ会長の北村憲雄氏。当初この郵便事業会社社長には、トヨタ自動車から日本郵政公社に「出向」している高橋俊裕副総裁を起用する方向で調整していたが、高橋氏が固辞。結局、トヨタ奥田会長に泣きついて北村氏に決定したといわれています。

トヨタもおなじくリコール隠し疑惑で、3名が逮捕されています。トヨタは「対応に落ち度はない」と死者を出した事件の責任者とはおもえないようなコメントを出しています。人命を軽視する経営者に公共サービスを任すことはできません。

すすむ民営化計画、粘り強く問題点を訴えていかなければならないと思います。今後も注目を!

1 Comments:

  • At 10:05 AM, Blogger minty928 said…

    「長澤まさ〇 デビュー前先輩とのラブホテル」
    →→→http://minty928.blogspot.com/←←←

     

Post a Comment

<< Home