郵政民営化を監視する市民ネットワークBlog

Tuesday, April 25, 2006

鉄道がもうけてどうする!郵便局がもうけてどうする!

今日、4月25日は、JR福知山線の尼崎でおこった大規模な事故の一周年。事故は利用者の安全と労働者の権利を無視して、カネもうけ第一の民営化を行ったJRの経営がもたらしたものだ。金もうけのために107人がなくなり、600人近い人が重軽傷を負った。

この事故を忘れず、安全な公共交通を取り戻そうというノーモア尼崎キャンペーンが主催した国際シンポジウムに参加した。民営化によって何十もの会社に分割されて事故が多発しているイギリス鉄道から鉄道労組、国営を維持し民営化に抗してネットワークを拡大しているフランスSUD鉄道労組、そして政府の民営化政策を押し返した韓国鉄道労組からゲストが参加し、国鉄分割民営化以降も職場で差別されつづけている国労組合員が参加した。

集会では、去る4月22日に尼崎で行われた集会で発言した遺族の方の映像がながされた。JRはいまだに事故の原因を遺族に明らかにしようという気持ちもない、補償交渉だけを進めたいという姿勢に従事しているという。命や安全よりもカネが第一、というJR経営姿勢そのままの対応だ。

海外からのゲストはみな一様に鉄道の安全性をまもるためには、もうけ第一主義をやめなければならない、労働者の権利を軽視している労務管理を改めなければならない、と語っていた。

会場で配られた資料には、ドキュメント映画「レールは警告する」に出演し民営化以降の安全軽視政策を訴えたJR職員に対して、JR会社が呼び出して注意や処分を行っているとあった(詳細)。海外からのゲストも「鉄道に従事する労働者が社内であろうと社外であろうと、利用者の安全のために発言をしたことに対して処分を行うとは言語道断で、海外ではありえない」という意見だった。案内には抗議のメール運動を連休明けからはじめるという。みんな協力しよう。

もうけ第一主義が浸透している公共サービスの現場で何が切り捨てられているのかを一番分かっているのが、そこではたらく人たちであることは、4月9日に行われた市民ネットの総会で郵便局の現場から発言した職員の人たちの報告でも十分に示された。

安全な公共サービスを維持するために、現場の職員の方たちからの提言や発言は重要だ。労働者や労働組合の発言や権利が脅かされる公共サービスの現場に安全も安心もないことは、トヨタ方式=JPSを導入した越谷郵便局での過労死や多発事故で明らかだ。

今日の国際シンポジウムを聞いて思いました。

公共交通がもうけてどうする!
郵便局がもうけてどうする!

これ以上、鉄道で人を死なせてはいけない。
これ以上、郵便局で人を死なせてはいけない。
これ以上、公共サービスの職場で人を死なせてはいけない。

ノーモア尼崎、ノーモア越谷。

イギリスでは民営化された鉄道を再国有化しよう、とキャンペンが始まっている。
利用者の70%もそれを支持しているという。

JRを再国有化しよう。郵政民営化をおしかえそう。

わたしたちにやれることはまだまだたくさんあるはずだ。

1 Comments:

  • At 7:37 PM, Blogger su said…

    あれは鉄道会社が悪いのだろうか。
    否、私は利用者のせいだと思う。
    時刻表どうりの正確な運行を求める利用者。
    朝の超過密ダイヤでの運行を求める利用者。
    私鉄では重大事故はほとんどおきていない。
    増えすぎ、欲張りすぎた利用者が今回の事故の原因ではないのか。

     

Post a Comment

<< Home