郵政民営化を監視する市民ネットワークBlog

Sunday, January 29, 2006

「改革見直せ」過半数 堀江社長(*)の唯一の功績

23日、ライブドアの堀江社長ら幹部4人が逮捕された。これまで、堀江社長を持ち上げてきたマスコミから案の定バッシングが始まっている。ちょっと待って。そのまえに言うべきことがあるんじゃないの?ライブドア株価つり上げに最大限協力をしていたのはマスコミじゃなかったかな。マスコミには反省って文字はないのだろうか。それと、あの○○○○占い師細木数子。テレビ番組で堀江社長をさんざん持ち上げたあげく、ライブドア株は、「5倍になるんだよ」と公共の電波で言い放っていた。直接この放言に引っかかった個人投資家がいたとは思えないがこれはもう完全な風説の流布。

先の選挙ももたれ合いの構造は同じだ。小泉、竹中、武部が堀江社長を持上げ吹きまくった。武部は、堀江候補について「私の弟です。、私の息子です」と発言し、竹中は、「小泉純一郎とホリエモン、竹中平蔵とスクラムを組んで(改革)をやり遂げます。」と言い放った。そして、堀江効果で無投票層の支持を集め自民党は大勝を収めた。ライブドアは、選挙で「政府からの担保」を獲得し、株価つり上げを実現した。自民党、堀江社長(ライブドア)は、一体化しそれぞれに利益をもたらした。

小泉や竹中、武部らは、当初今回の逮捕と選挙と「問題は別だ」などと言ってきたが政府が担保を与えた罪は大きい。さすがに言い逃れができなくなるとそれぞれの責任に言及しはじめた。ところが、次に言い出したことはライブドアの問題と「小泉改革とは別問題」だそうだ。でも、米国からの要請で商法などを「改正」し、株取引の規制緩和を進めた結果が今日の事態を招いたわけでこれも言い逃れ。今回の事件は、小泉・竹中改革がもたらした結果ってことは明白だ。何も考えたくないヘトヘトの国民もそろそろ構造改革の間違いに気づいてほしいと思っていたらこんな記事にでくわした。

?共同通信社がライブドア前社長の堀江貴文容疑者逮捕を受けて26、27日に実施した全国緊急電話調査によると、市場原理導入や規制緩和など小泉内閣が推し進めてきた構造改革について「見直すべきだ」との声が50.6%と過半数を占めた。また、「勝ち組」「負け組」に象徴される経済的格差について75.0%が「広がっている」と回答、「格差社会」の進行が浮き彫りになった。(東京新聞1月27日)

構造改革を見直すべきが過半数に達した、これはすごい変化ではないだろうか。堀江社長が世の中のため、人のために唯一してくれたことは、構造改革の間違いを国民に教えてくれたことか。

(*)堀江社長のことを巷では、「ホリエモン」と呼ぶ。しかし、私は、そんな愛称で呼びたくない。だいたい、「ドラえもん」になぞらえるなら「ホリえもん」が正しいだろう。

(by キタロー)

1 Comments:

  • At 2:56 AM, Blogger Kaisetsu of ODA Watchers said…

    2006.01.31 Tuesday
    『海舌』 
    the Sea Tongue 
    by Kaisetsu of ODA Watchers
    http://blog.kaisetsu.org/?eid=307979

    再度、郵政民営化停止法案を民主党は提出したらどうか?
    郵政公社のままでの、当面の改革が、民主党の方針だったと思う。
    ホリエモン事件以降、愚民も、少しは冷静さを取り戻したようだ。
    再度、民主党は、岡田氏の唱えた「郵政公社維持」論を掲げて、戦ったらどうか?

     

Post a Comment

<< Home